×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

生活習慣 多汗症

サイトマップ

生活習慣を改善すれば多汗症が治る

多汗症と生活習慣(健康に良くないことを続けていると、生活習慣病を呼ねれる疾患になってしまう可能性が高くなります)は大きく関与しており、生活習慣を見直すことによって、多汗症(交感神経の失調が原因とされており、精神状態はあまり関係ないようです)を改善できます。

逆にいうと、生活習慣(規則正しい生活を送り、健康を害する恐れのある習慣は極力排除することが大切です)が乱れていると多汗症を引き起こしたり、悪化させると言う事なんです。では、多汗症改善にはどのくらいの生活習慣が理想なのでしょうか?

多汗症改善に効果的な生活習慣は、以下の通りになります。

・お酒やタバコ(コロンブスがヨーロッパに伝えたそうです)を控える
・栄養バランスのいい食事を意識してみる
・適度な運動をする
・ストレスを溜めない

お酒やタバコには汗をかきやすくする物質が含まれているので、お酒は適量に抑えて、タバコは止めた方が良いです。それに、栄養バランス(一汁三菜の和食というのが理想的でしょう)の悪い食事をしていると多汗症を悪化させてしまいますから、日頃の食生活(人それぞれ、大きく内容が畭なるでしょう。体型や肌つや、精神にまで関わってくるものです)に注意してください。

緑黄色野菜(トマトやピーマン、カボチャやニンジンといった野菜が代表的でしょう)を積極的に食べるようにすれば、症状が改善しやすいです。運動をすることは、ストレスを軽減し、多汗症(心身療法や薬物療法などで症状が軽減できることもあるでしょう)の改善に繋がります。また、運動によって汗をかくことで、汗腺のトレーニングにもなるのです。

ストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)は多汗症(交感神経の失調が原因とされており、精神状態はあまり関係ないようです)を悪化させる原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)ですから、日頃からストレス解消に努めてください。わずかな時間でも、一日に最低一回はリラックスできる時間を設けるようにしましょう。

「健康と生活習慣」について

健康管理とか生活習慣改善という言葉は団塊世代の方だけでなく、全ての方が注目していかねばなりません。
健康維持・生活習慣改善手法について、ご紹介しています。

Copyright © 健康と生活習慣. All rights reserved